各新聞やテレビ局の右翼・左翼に関して

Yahoo知恵袋に非常によい記事がありましたので参考になるかと。



各テレビ局や各新聞社が右翼系なのか左翼系なのかをコメントした記事です

参考:http://soudan1.biglobe.ne.jp/qa2928856.html

【読売新聞】

朝刊販売部数:1000万部(公称) 売上高:4877億円(読売新聞グループ2005年度連結決算)
読売新聞へようこそ http://info.yomiuri.co.jp/company/ 組織体制 http://info.yomiuri.co.jp/company/company/
 
 紙面の編集方針や論調は保守本流だが、かつてはリベラルだった。
 基本的に自民党支持、改憲支持である。新自由主義経済政策や靖国神社における歴史認識に対しては批判的である。
 政府の政策に関し、政策分野によっては(改憲問題、防衛政策など)、はっきり社の見解を打ち出すのが特徴である。(Wikipedia より抜粋)

【朝日新聞】

朝刊販売部数:800万部(公称) 売上高:4069億円(2005年営業収入)
朝日新聞 http://www.asahi.com/shimbun/honsya/ データで見る朝日新聞 http://www.asahi.com/shimbun/honsya/j/data.html
 
 一般的に左派・リベラル言論の代表紙である。
 保守派からは左翼的、自虐史観的、中国の政策や北朝鮮の独裁政治に対する批判の欠如が問題視される傾向にある。
 実際の内容を見ると、中国・北朝鮮に対してほぼ無批判である。しかしながら記事ごとの思想的差異はかなり狭い。(Wikipedia より抜粋)

【毎日新聞】

朝刊販売部数:390万部(公称) 売上高:1525億円(2006年3月期)
毎日新聞』 http://www.mainichi.co.jp/ 会社概要 http://entre.yahoo.co.jp/dokuritsu/SCH10010?p=8&r=20210101&s=0194292023-00
 
 右派から左派的と言われる事があるが、保守的な論調が顔を覗かせる時もある。
 昔から社内に派閥があり、様々な考えを持った記者を抱えていることが影響していると言われている。
 多様な見解を掲載できるという意味でプラスに働いているともいえる。
 マイナスの側面としては、政府に対して、批判・賛同するわけでもなく、玉虫色に論評するだけの記事も少なくない。
 漫画・アニメ・ゲーム愛好者からは嫌われる傾向が強い。(Wikipedia より抜粋)

【日本経済新聞】

朝刊販売部数:300万部(公称) 売上高:2348億円(2006年12月期)
NIKKEI http://www.nikkei.co.jp/nikkeiinfo/company/group.html グラフで見る日経 http://www.nikkei.co.jp/nikkeiinfo/company/graph.html
 
 経済紙である為、一般紙に比べて経済や産業関係記事の比重が高い。
 日経の記事によって株価や業績が大きく左右されうるため企業は日経の取材には神経を尖らせていると言われる。
 企業によっては度を超した懐柔工作を行うことで、提灯記事を書かせたり、不祥事をもみ消すことなどを行っている。(Wikipedia より抜粋)

【産経新聞】

朝刊販売部数:220万部(公称)
産経新聞社 http://www.sankei.co.jp/saiyo/profile_04.html 
 
 大阪、奈良ではシェア20%を超える主要な新聞であり、この2地域で発行部数全体の半分近く(約100万部)を占める。
 日本国内外の記事を共同通信社や時事通信社からの配信に頼る事が多い。そのため多くのブロック紙、地方紙と同じ内容も見受けられる。
 ネット上(特に2ちゃんねる)において、愛国的新聞として比較的安定した支持を受ける数少ないマスメディアの1つである。
 紙面ではニューヨーク・タイムスの「左寄り」評論への不満をたびたび表明する。(Wikipedia より抜粋)

全国紙以外にも中日新聞グループ、北海道新聞、西日本新聞のブロック紙3社連合もあります。
記事の相互利用、海外取材網の相互補完、合同企画連載記事、囲碁の天元戦・将棋の王位戦共同主催などの交流を深めている。
特に、中日グループの販売部数は毎日新聞に次ぐ業界4位で東海、北陸、関東、近畿とブロック紙としては広域にカバーしています。
また、関連放送事業に準キー局を含むTV局も16社あります。
ブロック紙3社連合の特色は、3新聞とも論調はリベラルですが、地方企業や行政寄りな地方紙らしい部分もあります。

【中日新聞

】 朝刊販売部数:350万部(東京新聞・北陸中日新聞・日刊県民福井)売上高:1669億円(2006年3月期)
入社案内 http://www.chunichi.co.jp/annai/gaiyo/index.html

【北海道新聞】

朝刊販売部数:120万部
発行部数と普及率 http://www5.hokkaido-np.co.jp/hanbai/p_01.php

【西日本新聞】

朝刊販売部数:85万部
広告ナビゲーション http://adv.nishinippon.co.jp/top/

他にも、公明党の支持母体である創価学会の日刊機関紙 『聖教新聞』 や日本共産党が発行する日刊機関紙 『しんぶん赤旗』 もあります。
まさに、ある一定の思想や主張を特徴・特色に持つ新聞だと思います。


私が見た全国紙の政治的・思想的特色は下のようになります。左から右までが思想的幅で中心が私の目線です。

(左)┣朝┿毎┿┿┿経┿┿読╋産┿┿┿┿┿┿┿┿┿┫(右) 
(朝 → 朝日 毎 → 毎日 経 → 日経 読 → 読売 産経 → 産)

人によって立つ位置(中心)で見方も様々でしょう。産経新聞を中道左派と見る人も結構いると思われます。

(左)┣┿┿┿┿┿┿┿朝┿毎╋┿┿経┿┿読┿産┿┿┫(右) 
(朝 → 朝日 毎 → 毎日 経 → 日経 読 → 読売 産経 → 産)

(左)┣┿┿┿┿┿┿┿┿┿朝╋経┿毎┿┿┿┿読┿産┫(右) 
(朝 → 朝日 毎 → 毎日 経 → 日経 読 → 読売 産経 → 産)

(左)┣朝┿毎┿┿┿┿┿┿┿╋経┿┿┿┿┿┿読┿産┫(右) 
(朝 → 朝日 毎 → 毎日 経 → 日経 読 → 読売 産経 → 産)


在京キーTV局との関係

日本テレビの筆頭株主は読売新聞グループ本社。テレビ朝日の筆頭株主は朝日新聞社(約34%)。
テレビ東京の筆頭株主は日本経済新聞社(約34%) 。フジテレビはフジテレビは産経新聞と同じフジサンケイグループです。
TBSは毎日新聞社と協力関係であるが、毎日新聞社が経営危機の克服のためTBS株式の大部分を放出し、両社の立場は対等です。
各TV局の特徴や特色も、それぞれ関連した新聞社とよく似ています。
ただ、最近のTBSは捏造と思われても仕方の無いような報道や放送を繰り返し、テレビ朝日よりも更に左よりのTV局という感じがします。


私のお勧めは、比較的偏りなく読める 『読売新聞』 が良いと思います。
しかし、金銭的余裕があるのなら 『産経新聞』 と 『朝日新聞』 を購読して読み比べてみるのも面白いと思います。


本当にこの人は見識が広いですね。

これほど、各新聞の特徴を書ける人は居ないと思います。
素晴らしい

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ