石原都知事が尖閣諸島を都が買い取るとした件

石原都知事がついに動いた。尖閣諸島を都が買って、守る事をアメリカで宣言したわけだ。

素晴らしい。

国がいつまでたっても動かない間、、、というより中国の手先の民主党になってから、悪化の一途を辿る尖閣諸島問題。

どんどん浸食されていっていた。

そして、ついに都知事が動いたわけだ。民主党に任せていてはもうだめだと。

素晴らしい行動。本当に応援する。

この件で中国(支那)とズブズブの関係だった民主党閣僚たちは、とても困っているわけで、発言を控え続けている

玄葉光一郎外相は17日午前の記者会見で「尖閣諸島は我が国固有の領土で、歴史的にも国際法上も疑いのない事実だ。我が国は有効に支配している、ただそれだけだ」と述べるにとどめた。


そう
尖閣諸島は我が国固有の領土で、歴史的にも国際法上も疑いのない事実

であるという姿勢なので、自国の土地を所有者の同意のもと買い取ることに、他国が口を出していいはずがない

中国と呼ばせている支那の国内の土地をどうするか、日本政府が口を出していいはずがないように。

だから、今回の都知事の行動は何も問題が無い。一点心配なのは、都知事がいなくなった後も国益を守る知事がしっかりと、管理をするかどうかだ。

支那に売り飛ばしたりしないように祈る

尖閣諸島に関して知りたいのであれば、この動画が良い

この動画を製作しているWJFプロジェクトはこちら

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ