手取り26万円の生活保護の金額ってどうかな

日弁連が「生活保護受給者に自家用車を」と唱えたが
ネットでは誰も賛同者がいない状況。

私が毎日読むメルマガ:日刊 毒舌ニュウス by KuR0NeK0
でも取り上げられた。以下、転載。

生活保護受給者の自家用車保有を生活必需品として認めるよう厚労省に求める日弁連の意見書に、批判や疑問が相次いでいる。何かと不便な地方では買い物などにも必要というのだが、自転車やバイクじゃダメなのか、などと反発が強いのだ。
 現在の生活保護制度では、原則として受給者が自家用車を持つことはできない。持てるのは、公共交通機関が少ない地域に住む障害者らが通勤や通院で使う場合などに限られている。
 ところが、日弁連は2010年5月14日、車は8割の世帯に普及するなど生活必需品となっているとして、冷蔵庫やテレビ、エアコンなどと同様に保有を認めるよう求める意見書を厚労省に提出した。
 それによると、特に地方では、公共交通機関が不採算を理由に年々縮小しており、車がないと通勤が困難で、就職活動にも不利になっている。
 意見書では、こうしたことは、受給者の最低生活保障や自立助長に結びついておらず、「生存権保障に欠ける」と指摘。生活保護法の目的に反するばかりでなく、「不当に移動の自由を制限する」と主張している。
 日弁連の意見書については、ネット上では、賛同する声はほとんどなく、批判や疑問の声が強い。ミクシィや2ちゃんねるの書き込みを見ると、意見書には様々な異論が続出している。
 働いても車を買えない人への逆差別だ、運転できない地方の高齢者が困っているのに受給者だけずるい、といったものから、自転車やバイクではダメなのか、行政のレンタル車ならいい、受給者は都会に引っ越すべき、運転できるならタクシー会社で仕事しろ、などまで様々だ。




あまりにもビックリしたので少し調べてみた・・・・
そうすると、、、

日テレのニュースzeroを見ていたら、
小さな子供3人を抱える女性が月額26万円の生活保護を受給しているが、生活が苦しいので母子加算を復活して欲しいと放送されました。

手取りで26万というと税引き前の月給で30数万に相当すると思います。
しかもこの母子は物価の安い北海道です。
たしか生活保護を受給していたら医療費も無料だったと思います。

参照元:http://okwave.jp/qa/q5389032.html




生活保護毎月24万円で携帯代2万5千円の事が書かれている記事

参照元:http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1329072.html




大阪は生活保護者の割合が多い

参照元:http://oshiete.goo.ne.jp/qa/1837778.html


などの情報が出てきました。


これを見ていると、本気で取り組むべきではないかと思います。

生活保護を受けていた方が働くよりも手取りも良く
医療費などの保障も多いのであれば働きたくなくなるのは当然です


金額を下げればかなりの反発を買うでしょう
(一度上げた生活水準は下げられない)


でも、日本の将来のためにも、働いている低所得者より
裕福な暮らしが出来る現状はおかしいと思う。

皆さんはどう思いますか???

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ