ブラック企業の基準や見抜き方

ブラック企業の認定に関して非常に分かりやすいホームページが
あったので、その記事を転載し、見やすく修正しました

元記事はこちら

ブラック企業の見抜き方~こんな会社に入社はするな~

求人募集編周辺


・ 年中一時も欠かさず同じ求人募集を掲載している。酷い場合には複数の「求人誌」などに「マルチポスト」している

・ 一度に数の媒体に「マルチ募集」している

・ 通常の日中の勤務なのに時給が異常に高い(「高自給」を謳い異常なほどこきつかわれる)

・ 試用期間が3ヶ月を超える会社

・ 問い合わせ時「年齢」「男性」で即断りする会社

・ 問い合わせ時「すぐに面接に来い!」とやたら急かす

・ 問い合わせ時「採用が決まったんですよ」と繰り返す。又は募集に載っていない事業所を紹介される

~面接編~

・ その場で採用が決まる

・ 面接官が腕、足を組むなど横柄な態度で威圧してくる

・ 面接官が切れて怒鳴ったり罵声を浴びせてくる(明らかなパワハラです)

・ 面接官が学歴、職歴等を侮辱したりバカにしたりしてくる( 同上 )

※この2項目に遭遇したら迷わずすぐに席を立ちましょう。

~入社後編~

・ 残業長時間

・ サービス残業、休みなしが横行

・ いじめ、暴行など

・ 人を「ゴミ」としてしか扱わない

・ 従業員の入れ替わりが禿げしい

・ 「円満退職」した人が殆どいない

・ 給料不払い(※給料自体が全く支払われない)

・ 離職票不発行

・ 不当な退職理由などをつけ、「失業手当」の給付制限が無期限

・ 嘘求人の常習社

・ 不当解雇、突然解雇、見せしめ解雇などの常習社で解雇時「職務怠慢」や「就業規則違反」等で「懲戒免職」にする

(※以前は違法でしたが08/3/1「労働契約法」で合法化されているので特に要注意!)

・ 従業員たちが自由にモノがいえない。事業主に怯えている表情で動作だけが異常に速い

・ 「リストラ」の際、いじめ、パワハラ、暴行を加えるなどして「自己退職」を強要

・ 「パワハラ」を行っても自己退職しない従業員を「自己退職しない罪」で「懲戒免職」。最悪の場合訴えられる。(※ 同上 )

・ 元従業員の心身に強烈な「後遺症」をつくり「トラウマ」や「外傷性ショック症」に陥らせる

・ 職後は絶対に関わりたくない!近づきたくない!他人には絶対お勧めしない!

・ 元従業員の強力な「経歴の傷」になり再就職に支障をきたすため離職後はタブー(禁止用語)となる

・ 人生を狂わせ家庭を崩壊させる

・ 顧問弁護士などをつけ、訴訟対策だけは万全(悪法のプロ)

・ 組織ぐるみで巧妙に「証拠隠滅」

・ 過労死、給料不払いなどで被害者、遺族などから訴えられた(訴えられている)

・ 行政処分などを受けた

・ 過去に起こした不祥事、事件などの「前科」があり、それを誇らしげに自慢する

・ 嘘、架空内容が巧妙

・ 経営のためなら手段を選ばない(最悪の場合、「犯罪」も辞さない)

・ 過労、ストレスなどで病気、最悪過労死

・ 被害者、遺族などを「打たせて(訴えさせて慰謝料、罰金などを)取る」

コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

サブコンテンツ

このページの先頭へ