ついに年金一元化が始動し始める

年金が統一される方向に動きそうです。
え?年金ってバラバラなの?
と思う人の方が多いでしょうけど。。。

国民年金、厚生年金、共済年金と3種類あるんですね。

そして、この中で圧倒的に有利なのが共済年金。

これは公務員の年金制度です。もらっている金額を
聞いたらびっくりしますよ(笑)
どの年金にも税金が使われているのですが、なぜ
自分たち公務員の共済年金だけ支給額が大きいのか、、、

関連ニュース

政府は29日午前、「新年金制度に関する検討会」(議長・菅首相)を首相官邸で開き、年金制度の一元化や最低保障年金の導入など、7項目にわたる新制度の基本原則を決定した。急速な少子高齢化など、社会構造の変化に対応した新たな年金制度の導入を目指すもので、政府・民主党は今後、与野党協議を呼びかけ、2013年に関連法案を提出することを目指す。

 基本原則の柱は、現在の厚生、国民、共済の各年金を一元化して全国民が同じ制度に加入する年金一元化や、最低限の年金額が保障される最低保障年金の導入など。昨年の衆院選の民主党政権公約(マニフェスト)に基づく内容だ。

 ただ、マニフェストでは最低保障年金を「月額7万円」と明記し、財源に消費税を充てるとしていたのに対し、今回の基本原則では「将来にわたり安定的財源を確保する」との表現にとどめるなど、具体的な制度設計への言及はほとんどない。政府は参院選後にも、各党に与野党協議を呼びかけるため、詳細をあえて盛り込まなかったとしている。参院選で消費税率引き上げが論点となっていることも背景にあるようだ。検討会は今年3月に初会合を開き、議論を進めてきた。


新年金制度の基本原則

〈1〉年金制度の一元化
〈2〉最低保障年金の導入
〈3〉負担と給付の関係の明確化
〈4〉持続可能な制度の構築
〈5〉年金記録の確実な管理とチェック
〈6〉未納・未加入をなくす
〈7〉国民的議論で制度設計


年金の今後が楽しみです

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ