性犯罪の発生率が多い県|防犯意識をあげよう

性犯罪の発生率が多い県を調べましたが、なかなかインターネット上に出てきません。

県内の人口10万人あたり、何人が性犯罪にあっているか。つまり、女性が暮らすには危ない県を調べようとしたのですが、データが出てこないのです。

警察は持っているはずですが、自分たちの無能ぶりを公開したくはないのでしょう。一応、福岡県が全国ワースト1位だったというデータはあります。後、多分、大阪もマズイだろう。

なぜなら、在日朝鮮人が多い県だから。

福岡県内で起きた性犯罪被害の認知件数が昨年、人口10万人に対する発生率で全国ワースト1位だったことが県警の調べで分かった。

実件数は強姦(ごうかん)事件(未遂などを含む)が140件で3位、強制わいせつ事件(同)が424件で6位。

自宅で被害にあったケースの約8割はドアや窓が無施錠だったといい、

県警は「侵入を防ぐためマンション高層階や、夏場でもしっかり施錠を」と注意を呼びかけている。

県警によると、被害者は年齢別に29歳以下が全体の約9割で503件。学生被害の内訳では、高校生が最多の103件で、大学生60件、中学生51件と続く。時間別では午後8時~午前0時が最も多く182件。次いで午前0~4時が131件だった。

また、場所別では強姦事件の約半数にあたる74件が住宅などの屋内で発生。強制わいせつ事件の約6割の260件が道路や駐車場などの屋外だった。

県警生活安全総務課は防犯対策として、携帯電話を使ったり、イヤホンで音楽を聴きながら道路を通行しない▽エレベーターに乗る時は知らない人に背中を見せず非常ベルがすぐに押せる位置に立つ--などを挙げている。
http://mainichi.jp/area/fukuoka/news/20080606ddlk40040494000c.html
〔福岡都市圏版〕 毎日新聞 2008年6月6日 地方版


上記URLはすでに記事が無いが、記事があった当時に、転載されていた内容。

さらに、大阪を疑うのは、こういう事件が多いから。

「おそろしい在日韓国人によるレイプ強姦の実態」


ほとんどが、大阪でおきている。


実際に、性犯罪にあったと申告する割合は、日本は非常に低い。10%もいっていないわけだから、この10~20倍の数がおこっているわけだ。

そして、是非、見ていただきたい動画がこれ。簡単に言えば、中国人・韓国人・北朝鮮人を減らせば、日本の犯罪が減る=警察の仕事も減り、安全になるということ。今、海外から労働者を入れようとしている日本の政策は犯罪を増やすだけだ。

このデータは国も調べただろうが、敵対することが怖くて発表されることはないデータ


防犯意識

以下の事を知っておくと良い。犯罪者の考えです。相手を知れば、対策ができる。

・オートロックは誰でもは入れるので、玄関前までいつでも行ける
  →玄関の鍵は絶対必要
・携帯を触っている女性は意識が向かないから、後から着いていくのは簡単
  →携帯を触りながら歩いてはダメ
・イヤホンで音楽を聴いてる人なら、素人でも子供でも簡単に尾行できる
  →音楽を聴きながら歩いてはダメ
・エレベーターに一緒に乗れば、何階のどこに住んでいるか分かる。着いていってもいい。先に行き先を押させる。
  →エレベーターに一緒に乗らない。先に行き先を押さない
・道を聞けば、教えてくれる。よく分からないと言えば、丁寧に着いてきてくれる人もいる。後は、車の前まで行けばいい
  →男に道を聞かれても、「急いでいる、知らない」と言って立ち去る
・車に乗せればOK
  →車には乗らない
・暴力団だと言えば、怖がる
  →暴力団はカタギに性犯罪をしない
・防犯ブザーとか、催涙スプレーを持っていないと思っている。
  →この2つは持ち歩く
・怖ければ、声が出ないことを知っている
  →ブザーで対応
・窓に鍵をかけていない人が多いのでベランダからなら簡単に入れる
  →窓の鍵に注意。特に夏場
・コンビニに入る女性の帰宅時を狙っている
  →夜などは行かない
・後を振り向かない女性を狙っている
  →警戒心がないと思われる。たまに後を振り向く
・宅配便業者を装えば、簡単にドアを開ける
  →チェーンで対応。身分証を見せてもらう。誰からの荷物か絶対に確認する。というより受け取らない。宅配ボックスで受け取るか、不在票を入れてもらい、こちらから再配達を依頼する。


一緒後悔しないためにも、防犯意識をあげよう

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ